シェアハウス生活はじめました。

北海道から上京してシェアハウスでのんびり暮らす男のブログ

好きな親父キャラのランキング1位『野原ひろし』の魅力について考える ~ 今週のお題「おとうさん」 ~

f:id:nijigen-tyudoku:20190616020015p:plain

 

こんにちは

のんびりシェアハウス生活をしている『にじー』です!

 

20代前半に北海道から上京してシェアハウスに住み、その楽しさの魅力に引かれ住み続けています。

  

今回は、はてなブログの今週のお題「おとうさん」』について記事を書いていこうと思います。

 

好きな親父キャラのランキング1位 

 

今週のお題を記事にするにあたって

「好きな父親キャラ」のことを書こうかなって思いました。

 

早速、Google先生で「アニメ」「父親」「キャラクター」で検索してみました。

 

検索すると一番最初に気になる記事がありました。

その記事は次の記事です。

 

かくいう私も

父親キャラといえば『野原ひろし』が最初に思い浮かびました。

 

なぜ『野原ひろし』が好きな親父キャラのランキング1位なのか

その魅力について考えてみることにしました。

 

 

 

長年愛されるアニメの父親

 

『野原ひろし』が好きな親父キャラのランキング1位の理由の大きな要因には

やっぱり『クレヨンしんちゃん』というアニメが長年愛されていることが大きな要因といえると思います。

 

私も『クレヨンしんちゃん』は好きなので

毎週のTVアニメは見れてないですが、映画は全部見てます。

TVアニメも働き始めるまでは毎週見てました。

漫画も全巻ではないですけど、ほとんど持っていました。

 

そんな『クレヨンしんちゃん』の魅力を改めて考えてみました。

私が考える魅力は次4つです。

 

1.程よく下品な下ネタと微妙に面白いおやじギャグ

2.絶対にない日常

3.父親、母親、男の子、女の子、犬、一軒家車持ち、という理想的な家族構成

4.TVアニメとは反対に感動的な映画のストーリー

 

 

1.程よく下品な下ネタと微妙に面白いおやじギャグ

正直なところ、大多数の人間は、大人も子供も下ネタ好きだと思ってます。

しかし、過激なものだとちょっと人前では見れないし、そもそも嫌悪感を覚える人もいますよね。

ですか、『クレヨンしんちゃん』の下ネタは、絶妙なバランスの下ネタだと思います。

昔、アニメの内容が子供の教育に良くないとかいう苦情が入ったこともあった『クレヨンしんちゃん』

ですが、下ネタの加減を変えなかったことが、結果、長年愛されるアニメになった要因の一つだと私は思います。

クレヨンしんちゃん懐かしの下ネタ(他サイトのまとめ記事)

 

また、爆笑するわけでもなく、まったく笑えないわけでもない

微妙に面白いおやじギャグだからこそ見続けられるんだと思います。

爆笑すると疲れますし、爆笑させようとする側もアイディアを出すのが大変です。

寒すぎるものでも、つまらなくなるので視るのをやめてしまうと思います。

クスっと笑えたり、時々、声をだして笑える感じのおやじギャグがちりばめられているからこその面白さだと思います。

クレヨンしんちゃんギャグベスト10(他サイトのまとめ記事)

 

 

2.絶対にない日常

『絶対にない日常』という言葉は矛盾しているようにも思えます。

 

日常と、毎日おこる取り立てて特別ではない出来事のことをいいます。

毎日起こることが絶対にないとはやっぱり変ですよね?

 

日常系のアニメは深夜アニメでもよくありますし、『サザエさん』や『ちびまるこちゃん』などの長編アニメもいうなれば日常系だと思います。

ありそうでない日常を描く日常系のアニメは、観ていて安心感がある、想像が容易なので親近感がもてる、このことが魅力と考えます。

 

日常系アニメのおすすめ(他サイトのまとめ記事)

 

しかし『クレヨンしんちゃん』はそんなアニメとは一線を引いていると思います。

主人公である『野原しんのすけ』を筆頭に絶対ない日常を描く日常系アニメなのです。

 

おしりをだし、おやじギャグを頻繁に言い、キレイなお姉さんをナンパする幼稚園児。

宝石とイケメンが好きな0歳児や賢く飼い主思いすぎる犬。

兄の匂いで相手を気絶させる休日ぐーたらする父親や、押入れを雪崩にさせるのに家は割とキレイにする母親。

どれか1つや、だれか1人なら家族にいるかもと思うかもしれないが、全部が1つになっている家族なんてあるわけがないと思います。

 

そんな絶対ない日常は、

他の日常系作品にあるような安心感と、何が起こるかわからないドキドキ感

想像しやすい親近感と、実際に訪れてほしくない距離感

この相反する感情が同時に味わえることが魅力なのではないかと思います。

 

 

3.父親、母親、男の子、女の子、犬、一軒家車持ち、という理想的な家族構成

 この家族構成は、『クレヨンしんちゃん』の漫画やアニメがスタートした時はさほど珍しくない家族構成だったかもしれません。

 

現在では、晩婚化、未婚化、少子化、低賃金などなど様々な社会問題の影響で

35歳のサラリーマンの夫が、29歳の専業主婦と5歳児と0歳児と犬を養い、埼玉で一軒家と車を所有するということがどれだけ凄いことか想像することは難しくないと思います。

 

大人からも愛される『クレヨンしんちゃん』は

昔はよくある家族構成で親しみやすく感じられていたものが

現在は憧れの家族構成に変化していったのではないかと思います。

 

時代の変化に合わせてアニメの内容も少しは変わっていることも事実ですが

観る人のとらえ方が変わっていけることが、長年愛されるアニメの秘訣なのかもしれません。

 

 

4.TVアニメとは反対に感動的な映画のストーリー

私の人生で感動したアニメ映画の1つは『クレヨンしんちゃんモーレツ!大人帝国の逆襲』です。 


 

 

有名な映画なので、知っている人も多いかと思います。

また、この映画の他にも『クレヨンしんちゃん』の映画は感動するストーリーが多いです。

 

TVアニメでは日常やクスっと笑える内容なのに

映画になるとその要素にプラスして感動するんですからたまりません。

 

幼稚園児には到底できないことばかりするんですけど

そこが、頑張れって応援したくなる感じもします。

 

 

 

 

野原ひろし程カッコいい男はいない

 

まずは、意外と知られていない『野原ひろし』のプロフィールを紹介します。

 

 

東京都中央区日本橋にある双葉商事に勤務する35歳のサラリーマン

秋田県大曲市(現:大仙市)出身

役職は営業部(営業2課)の係長

180cmの長

血液型O型

 

『野原ひろし』プロフィールは簡単に言うと上記のとおりです

これだけでも中々のハイスペック感が漂いますが

それに加え『野原ひろし』のイケメンエピソードがあります。

 

かつては愛煙家だったひろしも、みさえがひまわりを出産をすることを理由に禁煙。

 

チンピラに絡まれたみさえをひろしが救出し、夕日の浜辺で告白する。

 

ぐーたらしているようにも見えるが、休日には料理や日曜大工し、旅行にも頻繁連れて行ってあげるなど家族サービスもちゃんとする。

 

みさえがひろしの給料一ヶ月分落とした時、抱きしめて頭撫でながら「そんなことか、お前が無事でよかった。また稼いでくる」と言う。

 

年収は推定600万円以上なのにも関わらず、毎月のお小遣い3万円で文句もいわずにやりくりしている 。

 

幼稚園のバザーでみさえの数日がかりで編んだ下手くそなマフラーだけが売れ残った時、みさえがいない間にひろしが来てマフラーを買う。みさえにひろしは言わず、家を出てから外でマフラーを巻いて会社に行く。

 

 

他にもいいエピソードがたくさんあります。

それをまとめたDVDが発売されるくらいです。

 


 

 

 

感想

 

 私が『クレヨンしんちゃん』好きなのもありますが

それを抜きにしてもカッコいいお父さんだと思います。

 

最近、『クレヨンしんちゃん』を見てないという人は

これをっきかけに、もう一度、見てみてください。

 

『野原ひろし』の行動や発言に注目してみてみるのも

また違った面白さがあっていいものだと思います。

 

おすすめの記事

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

www.niji-95.comwww.niji-95.com

 

 

シェアハウスならオークハウス!

f:id:nijigen-tyudoku:20190611200020p:plain

オークハウス公式ホームページ

 

シェアハウスに興味があり、どこに住もうか探していると結構な量の運営会社が出てきます。

量が多いと、どの運営会社がいいのか調べるのも大変ですよね?

 

そんな、数あるシェアハウスの中でお勧めするのがオークハウスです。

 

私がオークハウスを進める理由は次の5点です。

 

 

①日本最大の物件がある

②各エリアに小規模から大規模まで様々な物件がある

③家賃が安いのに、さらに家賃の割引制度がある

④20代をが入居者の過半数を超え、男女比が6:4と若者を中心とした出会いがある

⑤運営会社が運営するイベント、入居者が企画するイベントなどが豊富にある

 

 

f:id:nijigen-tyudoku:20190613091058p:plain

 

また、下記のリンクから登録することで入居時に5,000円の割引を受けることができます。

登録無料で、2分程度で登録することができるので、興味がある方は登録してみてください。

 

 

 

 

 

私は、ソーシャルレジデンス成田という物件に住んでいます。

 

ソーシャルレジデンス成田の物件情報

 

この物件では、ほぼ毎月のようにイベントを行っており、他のハウスよりも交流が活発です。

 

男女の比率、は6:4でやや男性多め。

入居者の6割が20代と若者中心ですが、30代、40代の方も年齢差なんて関係なく、みんなと交流しています。

入居者の7割近くが日本人ですが、海外の方との交流も盛んです。

日本語を話せる方が多いので、言葉の壁を感じることなく接することができます。

 

また、このハウスはオークハウスのシェアハウスの中でも比較的新しく、2017年4月にオープンしたばかりのハウスです。

綺麗な内装と充実した設備がありますので、住やすく退屈しない環境になっています。

 

 

ソーシャルレジデンス成田の様子はこちらから!

 

 

デメリットは、駅から徒歩で約15分かかることと、都内まで電車で1時間近くかかってしまうことでしょうか?

 

ですが、その分あまりうるさくなく、落ち着いて生活できる環境になっています。

駅前は比較的栄えていますので、買い物に困ることはないです。

川があったり、公園があったりなど、自然が豊富にあるのも魅力の1つ。

春はお花見、秋は紅葉狩りなど、近所で季節の移り変わりを実感できるのはとても楽しいです。

 

シェアハウス生活に少しでも興味がある方は、ぜひ、オークハウスのホームページを見てみてください。