アニV!!

アニメとVtuberを勝手に紹介するブログ

ROBOTICS;NOTES DaSHが発売されたから前作ROBOTICS;NOTESを思い出して語る(ゲーム内容の説明ではないです)

ROBOTICS;NOTES DaSHが

2019年1月31日にPS4とswitchで発売されました。

 

PS4/Switch 拡張科学アドベンチャー「ROBOTICS;NOTES DaSH」2019.1.31 ON SALE

roboticsnotes.jp

 

あらすじ

 

情報インフラが益々発達し、世界の距離が縮まった2020年。
拡張現実をより身近なものとした「ポケコン」と呼ばれるタッチパッドデバイスが普及し、産業用のみならず、民生用ロボットも一般化した時代となっていた。


そういった中、2月に発生したロボットの反乱事件は決戦場となった種子島の高校生たちの活躍により収束したものの、ネットワークを通じた世界的な危機は、情報社会の脆弱性を示すには充分であった。


あれから半年。夏祭りの準備でにぎわう種子島。
高校を卒業し、宇宙飛行士を目指し浪人中の主人公・八汐海翔は久しぶりに帰省した故郷の港にて知り合いのJAXA職員、天王寺綯を通じ橋田至という男に出会う。
偶然海翔と同じ船に乗り合わせていたと語る彼は、観光目的で島を訪れたというが、どうにも言動がおかしい。


久しぶりに再会した元ロボ部で幼馴染の瀬乃宮あき穂と大徳淳和。
ロボ部の後輩、神代フラウや日高昴。
2月の事件がきっかけで知り合った少女、行舟愛理。
そして、天王寺綯、橋田至と共に夏を満喫して過ごす日常の中で、微かに違和感を感じる出来事が頻発し始める。
それは、再び世界を混乱に陥れようとする事件の前触れであった……

PS4/Switch 拡張科学アドベンチャー「ROBOTICS;NOTES DaSH」2019.1.31 ON SALEより

 

前作のROBOTICS;NOTESから半年後のお話みたいです。

 

今回は新作の発売情報を知らずに

PS4でKINGDOM HEARTSⅢをダウンロードしようとしたら発見したレベルの私が

懐かしくなったので記憶にある程度のことを書いていきます。

 

間違っている情報がある可能性があるのと、

前作の内容の紹介ではないのであしからず。

 

 

遡ること7年前

私はヤバいゲームを手に入れてしまいました。

「ROBOTICS;NOTES」というゲームです。

 

 

『世界を救うのはヒーローじゃない ― オタクだ。』

 

このキャッチフレーズが私の中の何かに響き、内容も知らずにゲームを買った記憶があります。

 

ゲームの内容はADVでテキストを読んでいって選択肢がでたら選択していくことでストーリーが進むというものでした。

選んだ行動によってエンディングが異なるという感じです。

 

本よ読むのも好きだったので

私は読み上げてくれる小説みたいに思っているので結構好きなジャンルなんんです。

 

思い出せる範囲と未プレイの人のためにネタバレを抑えると次のような感じのあらすじです。

 

================

 

『ポケコン』という電子機器が普及したことで拡張現実のAR世界が身近になっている世界。

種子島を舞台とした高校生の物語でした。

 

巨大ロボットに憧れるヒロインと

ロボットで戦うゲームが得意な主人公

2人は種子島高校に通う同級生の幼馴染でした。

 

巨大ロボットを作るために立ち上げられたロボ部に入部している2人。

 

様々さ出来事を巻き起こし遂に巨大ロボットを完成させるのですが、世界を巻き込む壮大な事件に巻き込まれていうことになります。

 

================

 

この作品は

『科学アドベンチャーシリーズ』と言われるシリーズの1作で

 

『CHAOS;HEAD』

『STEINS;GATE』

『CHAOS;CHILD』

『ROBOTICS;NOTES』

『ROBOTICS;NOTES DaSH』

 

の5作品が時系列が繋がっている作品になっています。

 

どれも単体でも面白いですが

この順番で見るとより面白いと思います。

 

ROBOTICS;NOTESですが

この作品は2019年を舞台に描かれているのです。

 

そう、なんと今年です!!

 

あの感動から7年も過ぎているなんて過ぎ去り師時間を考えたくもないです…。

あの時は『ポケコン』が普及しているって少し信じてましたけど

さすがにそこまではいかないものですね(笑)

 

ポケコン参考画像

PS4/Switch 拡張科学アドベンチャー「ROBOTICS;NOTES DaSH」2019.1.31 ON SALEより

f:id:nijigen-tyudoku:20190202171007p:plain

 

拡張現実の可能性ってアニメや映画で描かれているとおりのことがそう遠くない未来にできると信じています。

科学技術の発展を見ていけるこの時代に生まれてきてよかったなって思います。

 

最初の方でも触れていますが、この作品では巨大ロボットを作るロボ部の話です。

ロボットが戦うゲームもあります。

 

はい、もうわかりますよね。

 

巨大ロボットが戦うんです。

アニメやゲームの巨大ロボットってよくわからない部品が超文明的なものが使われていたりするじゃないですか、ROBOTICS;NOTESはなんか作れそうな感じがするので胸がワクテカします。

 

いつか巨大ロボットが作られる時代になったら乗り込んで戦ってみたいですね。

なにと戦うんだとか、どうせお前はすぐ死ぬだろとかなると思いますが

 

ロボットは漢のロマンです!!

 

乗りたくならない人の方が少ないですよ。

 

戦隊ものの合体ロボットとか子供の時好きだった人はわかると思うんですよねこの気持ち。

 

 

 

2019年

種子島でとは言いませんが

世界のどこかで、有人型の完全自立型弐足歩行ロボットが製造され

世界の危機と戦うことになっているかもしれませんね

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ROBOTICS;NOTES お得セット PS4版
価格:8490円(税込、送料無料) (2019/2/2時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ROBOTICS;NOTES お得セット Nintendo Switch版
価格:8991円(税込、送料無料) (2019/2/2時点)

楽天で購入

 

 

 

 

 

ここまで読んでくれた方、ありがとうございました!!!

 

 

前回の記事はこちらから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

www.niji-95.com